お味噌のお手入れ

お味噌のお手入れについて復習です!

カビが生えたからといって焦らずに。
カビが生えるということは、お味噌の発酵も進んでいる証拠ですからご安心を。
以下の手順で丁寧に処理していきましょう!

1: ラップを剥がして表面のカビを取り除く
カビを取り除くスプーンは熱湯かアルコールで消毒しましょう!

2: 表面を平らにならす
手順3が円滑に進むよう、スプーンの背やスパチュラで表面の凹凸をなくしましょう。

3: 容器まわりの汚れを、食塩水もしくはアルコールにて拭き取り、表面をラップで覆う。
お教室でもお教えした通り、新しいラップをかけてその上からキッチンペーパーでラップを密着させます。

4: 化粧塩をふる
ラップの上から3つまみ程度の塩をふります。特に容器の端にふりつけてくださいね。

5: フタをする
フタは熱湯orアルコールor食塩水で消毒し、空気を抜く様にフタをします。

〜側面にカビが生えてしまった場合は〜

a) 手順1の後に消毒した平らな皿か容器にひっくり返します。
b) 側面のカビを取ります。
c) 清潔な手で味噌団子を作ります。
d) 仕込み容器を洗って消毒し、再度空気を抜きながら味噌団子を詰めていきます。
e) 手順2に進む。

* 成長度合いによっては、再びカビが生える事もあります。2週間おきを目安にチェックしてみてくださいね。
焦らず丁寧に、気持ちを込めて手入れしましょう!

* カビを取ってしばらくすると、表面のラップが膨らんでくる事があります。

これは発酵の段階が進んだ証拠で、アルコール発酵のガスに由来するものです。
この現象が見られればカビが生える可能性は少なくなります。そのままでも大丈夫ですが、ラップの浮き上がりが気になる場合は上からキッチンペーパーなどで押さえてあげてください。


引き続き美味しいお味噌ができますように♡
不明点があればいつでもお問い合わせください。
いくたさくら